アフィリエイトが怪しいと言われると逆にチャンスな理由3選

ぜろくん
アフィリエイトマニアのぜろくんです

アフィリエイトは名のある大企業も取り入れるビジネスモデルでありつつも、一般的には”怪しい”という印象を持たれます。

あなたも少しは怪しいと思ったことありませんか?

ただその状態はあなたにとって好都合なので、今回はアフィリエイトが怪しいと言われると逆にチャンスな理由3をご紹介します。

アフィリエイトは怪しいビジネスなのか?

まずアフィリエイトは怪しいビジネスなのか?について解説します。

結論から言うとアフィリエイト自体は怪しくもなんでもない

アフィリエイトはマーケティングの手法の一つで、企業が商品やサービスを売る時の方法です。

アフィリエイトは成果報酬型広告とも言われていて、ブロガーやSNSで話題のインフルエンサーが商品を代わりに紹介してその人経由で売れたら売上の数%を紹介者に報酬として払うもの。

つまり企業側が商品を売るときにCMを打つか、webでイベントをするかなど…売り方を考える時の手段の1つとしてあるのが「アフィリエイト」なのです。

ただ「楽して稼げますよ~」と怪しく見せている人がいるからマイナスのイメージがついているだけ。

あくまで「手段の一つ」ですしグレーどころかクリーン過ぎて王道中の王道の方法ですね。

アフィリエイト=怪しいイメージがつくのはなぜ?

ではアフィリエイト=怪しいイメージがつくのはなぜか?

それぞれの価値観や感じ方もあると思いますが大きく3つあります。

怪しいと思われる理由
①初心者向けの詐欺的な商材が多い
②周りに稼いでいる人がいない
③月の収益が100万など現実味がない実績

初心者向けの詐欺的な商材が多い

まずは初心者向けの詐欺的な商材が多いこと。

最近では減ったと思いますがまだまだ詐欺的な商材が多いのは確かです。

詐欺とは言っても種類は様々で、ノウハウはきちんと教えるけど今は全く結果が出せないものから初心者向けではなく難しい内容のもの、一番ひどいのはノウハウはなくお金だけ貰って逃げる人。

こういったものがあるせいでアフィリエイト=怪しいというイメージがついています。

中には正攻法で時代に合わせてアップデートして対応している良質なものもありますが、良いものほど目につきにくいのが現状

なので「アフィリエイトはよくわからないけど怪しいやつでしょ?」とどんなビジネスモデルかも知らずに決めつける人が多いのです。

周りに稼いでいる人がいない

次に周りに稼いでいる人がいないこと。

いきなり質問ですが、あなたの周りにアフィリエイトで稼いでいる人はどれだけいますか?

多分1人もいないと答える人が9割だと思います。

当たり前ですがアフィリエイトはサラリーマンやアルバイトの給料と違って成果主義。

つまり1時間働いたから1200円貰える世界ではなく、きちんと準備をして行動しないと報酬は0円です。

そして本当に稼いでいる人はお金を見せびらかしたり、いくら稼いだとかを自慢しません。

そうなると実感が湧かないので「本当にアフィリエイトは稼げるのか?」と疑問が出るもの自然なことです。

会社の中で営業トップの人が月に100万円貰っているのは、目の前で仕事している姿や残業している所を見ているから実感がわきますよね。

ただパソコン1台で1日3時間くらいの作業で月に50万円稼いでます!と言われても、ピンとこないので「なんか怪しいことをしてるはずだ」と思ってしまうのです。

月の収益が100万など現実味がない実績

最後は月の収益が100万など現実味がない実績。

これも先ほどの例と似ていますが実績に現実味がないという点です。

https://twitter.com/rocknoir_/status/1303679887249555456?s=20

例えばあなたが毎日会社で8時間、通勤の往復で2時間の1日10時間会社に尽くして
月の手取りが23万ほどだとします。

そんな時SNSを見たら「自分は会社に勤めず、1日3~4時間ほどの作業で月に100万円稼いでいます。場所も自由なので通勤の手間もないです」と書いてあったらどうでしょうか?

「そんなのウソだろ~そんな上手い話ないよ」と思うのが普通のリアクションだと思います。

なぜなら自分は毎日疲れた体にムチ打って10時間ほど働いて23万ほどなので、現実味が感じられないから。

仮に本当だとしても自分の常識と離れすぎているので、なんか胡散臭いし怪しいと思ってしまうでしょう

ただ、怪しいと言われた方がアフィリエイトを始める人にとってはチャンスです。

アフィリエイトは怪しいと言われた方がチャンスな理由

ここからはアフィリエイトは怪しいと言われた方がチャンスな理由を
3つご紹介していきます。

チャンスな理由3つ
①ライバルが入ってこない
②周りに差をつけられる
③実は初心者に一番向いている

チャンス1:ライバルが入ってこない

1つ目のチャンスはライバルが入ってこない。

アフィリエイトが怪しいと思っている人はその感情が邪魔になり、そもそも始めようともしません。

つまり必然的に始める人数が減る=ライバルが減ることになります。

ライバルは少ない方がビジネスでは有利です。

例えば最近YouTubeの再生回数が減ってきたと多くのユーチューバーが言っていますが、あれはシンプルにユーチューバーの数が増えたからですね。

「なんかYouTubeって稼げるらしいぞ」と思った人がこぞって始めた結果、収益源になる再生回数が分散してしまったということです。

アフィリエイトはYouTubeより前からありますが、なぜか怪しいイメージがずっとあって始める人も少数です。

ライバルは少ないですが市場は伸びていて、しっかりとお客さんがいるので真っ当にコツコツと続ければ収入を得るのは確実です。

チャンス2:周りに差をつけられる

2つ目のチャンスは周りに差をつけられる。

記事の冒頭でも言いましたがアフィリエイトはマーケティングの手法の一つ。

アフィリエイトはただブログやSNSで「この商品いいですよ~」と言っても売れないのはあなたもわかると思います。

しっかりと価値のある情報を発信して、ユーザーから信頼されて「この人の紹介なら買ってみようかな」となって初めて買ってもらえるもの。

つまりアフィリエイトに取り組むとお客さんを集めて販売するという「ビジネスの基礎」がスキルとして身に付きます。

あなたが販売職や営業職で働いていなくてもこのスキルは一生役に立つもの。

お客さんを集めて(集客)何か商品を売る力(販売力)があれば、仮に今の会社を辞めても収入に困ることはありません。

しかもアフィリエイトは始めるためのお金も少なく、始めやすいビジネスモデルです。

チャンス3:実は初心者に一番向いている

3つ目のチャンスは、実は初心者に一番向いているということ。

アフィリエイトが怪しいと思われる理由に「よくわからないし難しそう」という理由があります。

なんか名前も横文字だし、全然稼げないって聞くから難しそうだな~と思われがちなのがアフィリエイト。

誰でもかんたんに出来るとは言いませんが、始めるのに高度な知識や複雑な作業はありません。

副業にしても本業として取り組むとしてもかなり始めやすいビジネスモデルなのは間違いないですね。

もちろんブランディングとか細かいセールスページの言葉遣いやデータを取るためのツール設定など高度なスキルも存在はします。

ただ全員が必要なものでもないので収益で月5万円~10万円を狙うならなら、そこまで高度なスキルはいりません。

始める資金もパソコンを持っていれば月に1000円ほどあれば、きれいなサイトも作れますからね!

まとめ

今回はアフィリエイトが怪しいと言われると逆にチャンスな理由3選を紹介しました。

まず怪しいと思われる理由は、

ここにタイトル
①初心者向けの詐欺的な商材が多い
②周りに稼いでいる人がいない
③月の収益が100万など現実味がない実績

チャンスな理由は下記の3つ

ここにタイトル
①ライバルが入ってこない
②周りに差をつけられる
③実は初心者に一番向いている

アフィリエイトのスキルは一生ものですので、ぜひ今から始めて楽しく収入を増やして行きましょう(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。