アフィリエイトで稼ぐ仕組みを5分でわかりやすく解説

ぜろくん
アフィリエイトマニア
ぜろくんです

インターネットが普及してアフィリエイトという言葉はかなり知られるようになりました。

ただあなたはアフィリエイトで稼ぐ仕組みをちゃんと理解できていますか?

今回は初心者でもわかるように、アフィリエイトで稼ぐ仕組みを5分でわかりやすく解説していきたいと思います!

アフィリエイトの仕組みを図で解説

アフィリエイトの仕組みを図で解説しようと思うのですが、そもそもアフィリエイトとは何か?について簡単に解説します。

アフィリエイトとは自分のサイトやブログに広告を載せて、広告がクリックされたりサービスに申し込んでくれたらあなたに紹介料(報酬)が入るというもの。

それを理解した上で次の画像をご覧ください。

アフィリエイト

引用元:アフィリエイトサイトの作り方!メリット15個とデメリット3個も解説!

アフィリエイトの仕組みを理解する上で大事なのが、

4つのキーワード
・ASP
・広告主
・ブロガー(運営者)
・読者(ユーザー)

それぞれ簡単に解説していきます。

ASP:
ASPはアフィリエイト・サービス・プロバイダの略で企業の広告などをまとめて管理する事業者です。

かんたんに言えば、広告主とブロガーを繋ぐ仲介業者とか代理店のようなもの。

このASPに登録することで様々な商品やサービスの広告を使えるのです。

広告主:
広告主はその名の通り広告費用を出してサービスの広告を依頼する人。

この人が出した広告費のいくらかが紹介したあなたに入ります。

ブロガー(ブログ運営者でありアフィリエイトをする人):
これがあなた自身であり、ブログやサイトを運営してアフィリエイトをする人。

アフィリエイトをする人をアフィリエイターとも言います。

アフィリエイトをする際は、事前にASPにアフィリエイター登録しておく必要があるのです。

運営者の紹介で広告がクリックされると、ASPの審査後に問題ないと判断されると報酬が振り込まれます。

読者(ユーザー):
この人もかなり大事で、ユーザーが広告をクリックしたりサービスに申し込むことで報酬が発生します。

この人がいるおかげでビジネスが成り立つのでとても大事な存在。

このユーザーに向けてきちんと価値ある情報を提供できるか?これが大事です。

アフィリエイトで稼ぐ仕組みは大きく2パターン

アフィリエイトで稼ぐ仕組みは大きく2パターンあります

①クリック型
②成果報酬型

それぞれ詳しく解説していきます。

クリック型

クリック型はその名の通りでページを見ているユーザーが、広告をクリックしたら報酬が入る仕組みです。

クリックした先で商品を購入する、無料相談に申し込むなども不要。

広告をクリックされたら1クリックに対して30円前後が入るというものです。

報酬単価は広告によって異なりますので、あくまで平均的な金額であるとご理解ください。

あなたもサイトやブログを見ている時、記事の間にこんな広告を見た事ないでしょうか?

(↓参考例↓)
アフィリエイト

クリック型の広告はグーグルアドセンスというサービスに申し込んで審査に通ることで使うことができます。

しかもGoogleが自動でユーザーに向けて最適な広告を選んでくれるので、広告を選ぶ手間もなし。

ぼくはサプリと生命保険が表示されました、これは事前にそのような検索をしていたからです。

自分が検索したものに関連した広告が、表示されるのをあなたも見たことはありませんか?

さっき検索してページを閉じたのにも関わらず・・・他のページを見ても関連した広告が表示されるという仕組みがあるんですね。

このアフィリエイトの良い点はクリックされれば報酬が入るので、初報酬を得るハードルは低めです。

ただ多くのクリック数を稼がないとまとまった収入にならないのが特徴なので、おこずかい稼ぎ・副収入で月10万円くらいを目指す人向けのタイプ。

成果報酬型

続いては成果報酬型のアフィリエイト。

こちらはサイトにある広告をクリックして、その先の商品を購入したりサービスに申し込んで初めて報酬が入るタイプです。

例えば下記はアフィリエイトをする時に必要なASPのサイトA8.netですがこの広告をクリックしただけでは報酬はなし。



ページに飛んでその先で会員登録をして初めて報酬が入るのです。

成果報酬型の特徴はズバリ報酬金額が大きいこと

実際にお金を払って商品を購入してもらったり、サービスに申し込んでもらう手間がある分金額も数千円~数十万円とかなり大きくなります。

金額が大きい分お客さん側の負担も大きいので(大金を払う、転職をする、結婚をするなど)しっかりと価値のある情報を発信して、その人にあったものを紹介することが大事。

成果報酬型の方が報酬額が大きいからこっちにしよ!とならないように注意してくださいね。

アフィリエイトの仕組みのメリット・デメリット

アフィリエイト

次はアフィリエイトの仕組みのメリット・デメリットについて紹介していきます。

良し悪しがあるのでそれを理解した上で、実際に取り組むか考えてみましょう!

メリット
・基本的に低コストで出来る
・他のビジネスに比べて利益率が高い
・稼げなくてもスキルが身につく

デメリット
・稼ぐまで時間がかかる
・やる気を保つのが難しい
・勉強を続ける必要がある

メリット1:基本的に低コストで出来る

アフィリエイト

まず基本的に低コストで出来るのが特徴。

大体の人がワードプレスというサービスでブログやサイトを作り、アフィリエイトをするのが基本です。

ワードプレスを使うにはサーバーとドメインが必要で、例えるならネット上の土地(サーバー)と住所(ドメイン)を契約して自分の家(ワードプレス)を建てるイメージ

↓このサーバーとドメイン代はエックスサーバーというサービスを使えばサーバーは月に1100円でドメインは年間で1円という金額です。



ぼくもこのサーバーを使っています。

もちろんサイトのデザインや有料の画像を使えば変わりますが、基本的にはこの金額を払えば始められるのが特徴。

実店舗だと初期費用で数百万円を用意したり、仕入れで数十万円かかるのがほとんどです。

あまりおすすめはしませんが無料のブログやサイトで始めることも可能なので低コストで初心者向け。

初めての副業やビジネスでも始めやすいのが特徴です。

メリット2:他のビジネスに比べて利益率が高い

アフィリエイト

次に他のビジネスに比べて利益率が高いこと

利益を考えるときにシンプルに考えれば「売上-費用=利益」で計算できます。

この費用の部分がアフィリエイトは低く済みます。

ビジネスでかかる費用の例

・在庫の仕入れや管理
・店舗の家賃や改装費
・スタッフへの人件費など

規模感にもよりますがアフィリエイトではこれらを低く活動できます。

なので先ほどの「売上-費用=利益」の費用が小さいので、利益が他のビジネスよりも多く残るのが特徴。

仮に月100万円稼いでも費用で80万円使ったら利益は20万円しか残りませんが、費用が10万なら利益は90万円です。

ビジネスをする上で費用が抑えられるのはとても重要。

メリット3:稼げなくてもスキルが身につく

アフィリエイト

最後のメリットは稼げなくてもスキルが身につく

もちろんしっかりと価値ある情報を発信して、お金を稼ぐのが一番いいです。

ただそう簡単に稼ぐことが出来るなら貧困や低所得で悩む人はいないわけで…稼げない人が一定数いるのも現実。

ただアフィリエイトは稼げなくてもスキルがつくというメリットがあります。

「いやいや稼げないと意味ないでしょ~」

と思ったでしょうがアフィリエイトではこんなスキルが身に付きます。

【身につくスキル】
・web全般で使えるライティングスキル
・何か商品を売るためのセールススキル
・論理的に説明をする説得のスキル
・ユーザーの気持ちを読み取るマーケティングスキル

アフィリエイトをする上でこのスキルは身についていき、今後のどの業種でも活用できるもの。

一生使えると言っても過言ではないビジネスの基礎が身につくので、今からでも始めて損はないビジネスモデルです。

次にデメリットも紹介してきましょう。

デメリット1:稼ぐまで時間がかかる

アフィリエイト

デメリットの1つ目は稼ぐまで時間がかかる

メリットがあればデメリットもありますが、その一番の例が「時間がかかる」です。

メリットでも紹介しましたが、低コストで始められるのがアフィリエイトの特徴。

となればそれだけ多くの人が参加するのも必然で、常に新しい人が参加して市場はどんどん大きくなってきています。

つまり毎日のようにライバルが増えている状態。

するとあなたの発信している情報を、Google先生やユーザーに見つけてもらうのにも時間がかかるということです。

よく言われるのが稼げるようになるまで半年~1年はかかるというもの。

あれは新しく入ってくるライバルを減らす脅し文句でもなく、体感として本当にそのくらい必要です。

もちろんアフィリエイトのやり方次第で、稼ぐまでの時間は変わりますが長く稼ぎ続けるにはそのくらいの覚悟は必要

デメリット2:やる気を保つのが難しい

アフィリエイト

次にやる気を保つのが難しいこと。

これは先ほどの続きにもなりますが、大体の人が稼ぐまでに心が折れて辞めていきます。

最初の1か月ほどは「うぉーやるぞ!!」と気合十分なのですが、2か月目には「う~ん本当に稼げるのかな」と不安になり始め、4か月目には「よし、違う副業を探そう!」となるのがほとんど。

コツコツと続けていくのがアフィリエイトでは必要なので、稼げない時期をいかに楽しむか?が大切になります。

「今はスキルを身につけてる期間、きっと稼げるようになる!」と思えるかが稼げるか稼げないかの境界線。

デメリット3:勉強を続ける必要がある

アフィリエイト

最後に勉強を続ける必要がある

これは夢のない話かもしれませんが、どんなビジネスでも勉強することを辞めたら一気に落ちます。

不労所得と言われるものは確かにありますが、実際は適度に調整や管理をすることで稼ぎ続けるというもので完全に何もしないものはほとんどないです。

不動産でも空き部屋情報を見て対策をしたりリフォームをするし、株などでも今はどう組み合わせればリスクなく利益を出せるのか?を考えて調整している。

アフィリエイトも同じで月に20万、30万円で自分が満足してもそれを維持する為に勉強は必要です。

過去の記事をさらに読みやすくできないか?デザインを流行りのものに変えた方がいいか?など考えることは沢山。

その微調整を怠らなければ一発屋にならずに、長く稼ぎ続けることが出来るのもアフィリエイトの特徴です。

まとめ

今回はアフィリエイトで稼ぐ仕組みを5分でわかりやすく解説していきました。

アフィリエイトには「クリック型」と「成果報酬型」の2種類があること。

そしてメリット・デメリットは、

メリット
・基本的に低コストで出来る
・他のビジネスに比べて利益率が高い
・稼げなくてもスキルが身につく

デメリット
・稼ぐまで時間がかかる
・やる気を保つのが難しい
・勉強を続ける必要がある

になります。

アフィリエイトの仕組みを理解して一緒に頑張っていきましょう(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。